調剤薬局監修 薬学検定試験とは

薬検定とはどんな試験なのか?

薬学検定試験Bのページでは、薬学検定試験の構成について詳しく見てきました。ここでは、前のページで述べたことを前提に、各級の出題範囲について見ていきたいと思います。 4級は、A分野から40問、B分野から10問の計50問が出題されます。初歩的なレベルの薬学知識が問われます。 3級は、A分野から40問、B分野から10問、C分野から10問の計60問が出題されます。4級の出題範囲に加えて、生活習慣病などの疾患に関する問題が加わり、標準的なレベルの薬学知識が問われます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

2級は、A分野から20問、B分野から20問、C分野から20問、D分野から20問の計80問が出題されます。3級の出題範囲に加えて、実際の医療現場で使用される医薬品(新薬を含む)に関する問題や専門的な医療用語の問題が加わり、高度な薬学知識が問われます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

1級は、A分野から20問、B分野から20問、C分野から20問、D分野から20問、E分野から20問の計100問が出題されます。2級の出題範囲に加えて、医薬品同士の相互作用あるいは食品と医薬品の飲み合わせ(相互作用)に関する問題及び血液・尿検査(臨床検査)値に関する問題が加わり、薬学全般に関する体系化された知識が問われます。

 

薬剤師 転職