調剤薬局監修 薬学検定試験とは

薬検定とはどんな試験なのか?

薬学検定試験Aのページでは、薬学検定試験の内容について詳しく見てきました。ここでは、前のページで触れなかった各級の出題範囲について見ていきたいと思います。 各級の出題範囲を語る前に、まず薬学検定試験が下記のA分野からE分野の5分野から成り立っていることを理解しなければなりません。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

A分野とは、一般用医薬品(大衆薬、OTC薬、生活改善薬を含む)、医薬部外品、並びにサプリメントや、保健機能食品(特定保健用食品・栄養機能食品)において有効とされる成分の作用・効果(効能)・副作用・使用上の注意(服薬指導)に関する問題です。 B分野とは、薬学を主とした医療用語に関する問題です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

C分野とは、疾患、特に生活習慣病の概略・予防・改善のための家庭医学的な問題など、薬学と関係する周辺分野の問題です。 D分野とは、病院・診療所など実際の医療現場で使用される医療用医薬品において有効とされる成分の作用・効果(効能)・副作用・使用上の注意(服薬指導)に関する問題です。

 

E分野とは、食品と薬の飲み合わせや、薬同士の併用(相互作用)の問題及び血液・尿検査(臨床検査)値の意味とその異常値に関係の深い疾患名に関する問題です。 次のページでは、これを前提に各級の出題範囲について説明いたします。

 

薬剤師 募集