調剤薬局監修 薬学を学びたい方へ

薬学を本気で学びたいあなたへC

文系学部であれば可能かもしれませんが、薬学部の場合は必修科目が多く、かつ実験や実習などでかなりの時間を取られるため、ほぼ毎日時間割が詰まってしまいます。

 

また、実験や実習科目がある日は、時間延長(会社で言うところの残業)もよくあり、帰宅する時間が非常に遅くなってしまいます。

 

実験や実習科目が無い日であっても、授業の復習や宿題をしていたら遊ぶ時間はほとんどありません。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

4年次以上で研究室に配属されるとなれば、授業が無い時間帯は研究に参加しなければなりませんし、研究テーマによっては家に帰れない日もあるそうです。

 

かなり厳しいことを言ってしまいましたが、このような厳しい環境に耐えられないようであれば薬学部に入学しない方が良いと思います。薬学部は本気で勉強したい人だけを求めているのです。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸